自傷行為を繰り返し、耳鳴りと幻聴におびえる生活から抜け出す方法

私には学生時代から、しばしば鬱の兆候がありました。病院に行ったことはありません。行った方がいいだろうか、と思うことはありましたが、結果的に行けませんでした。母は精神疾患に強い抵抗があり、甘えだ、弱さだ、と言うタイプなのです。にも関わらず、私が高校生の頃に姉が鬱になり、通院することとなりました。戸惑いつつも、医師の話もあり、理解を示そうとする母でしたが、鬱に対してますます敏感になり、私が学校をさぼったり、日常でちょっとした問題行動を起こすと、母は「あんたは大丈夫だよね?」と言いました。私は「大丈夫」と言うしかありませんでした。でも、本当は、大丈夫ではなかったのだと思います。

私は人間が好きではありませんでした。人付き合いが苦手でした。集団に馴染めませんでした。母や姉を疎んじていました。それでも妹や甥を守らなければと、家の中では自分がしっかりするのだとも、思っていました。外で愛想笑いする自分も、家で気丈にふるまう自分も、嫌いでした。鬱々とした日々を過ごすにつれ、その小さな『鬱々』の欠片が、やがて塊になり、鬱になるのです。私はまだ大丈夫、大丈夫、と言いながら、不眠に悩まされ、ばれないように自傷行為を繰り返し、耳鳴りと共に時々訪れる幻聴に怯えていました。数少ない友人関係にも耐えられず自ら断ち切り、孤独である方が自由なのだと自分に言い聞かせました。しかし、考えることは一人だってやめられないのです。

他人と距離をおいて分かったことは、私の中にある不満たちは、あくまでも私自身のものだということ。人と関わっていないからといって、人に対する苦手意識は変わらないのです。星の数ほどいる人間たちを、私の納得いく生き物にすることなど、到底不可能な話です。だったら諦めてもいいんじゃないか。好きでも嫌いでも納得いかなくても、みんなそんなの曖昧に生きているんだ。そう思うと、少しだけ、気持ちが楽になりました。諦観が、私の小さな武器になりました。

頑張りたいのに頑張れない。鬱の症状で、よく言われることです。頑張れないと思うのは、大抵の場合、努力が報われなかった過去があるのだと思います。報われないのは辛いことです。でも、見返りを求める方が辛いことだと、近ごろは思います。色々なことを「まあ、いっか」で済ませられるようになれば、自分のちょっとしたミスも怖くなくなるし、何より、他人を許せるようになります。他人を許すことは、結果的に、自分のためになるものです。持続的な怒りや悲しみは、自身の心を疲弊させます。どうしても割り切れなかったり譲れない部分があるでしょうが、そんなときは、許しきれない自分を許してあげればいいのです。おおまかに、ざっくりと、許してしまえば、それだけで気持ちはずいぶん楽になります。そしてきっと、余裕ある自分になることができれば、本当に大切なものを、大切にすることができるのでしょう。

(トカゲ・28才・茨城県)

離職率が高い介護の仕事

介護士として働いていた者です。介護の仕事は、離職率が高いといわれています。腰を痛める者や認知症高齢者のケアなので精神的にきつくて辞めてしまう者が多いからです。私の場合は、主任という立場になったことで、仕事の量が増えたことと、任された責任とそれをこなせない自分との葛藤などで悩んだり苦しんだりしたことが原因でした。

仕事に行くことが徐々に苦痛になり、精神的に不安定になりました。症状としては、気持ちがひどく落ち込んだり、まったくやる気がなくなってしまったりしました。働いている以上は仕事はしなければならないのですが、自分の中で頭がまるで働かない気がして判断がまるでできない、そんな状態でした。また、肉体的には、食欲が徐々になくなったり、つい考え事をして夜眠れないようになりました。それで、次の日にボーっとしてしまい、また落ち込んだりという繰り返しでした。自分をダメな人間だと責めたりしていました。家族にもなかなか話せることでもないので、そこでも苦しさを感じました。

しかし、別に悲しくもなく、何もしていないときに涙が出て、それが止まらなくなり、体が本当に悲鳴を上げているのだなと悟りました。これは本当にまずいと思い、市内にある病院の精神科を受診しました。先生ともよく話をし、処方された薬を一年間飲みました。服用するようになってからは、以前よりは眠れるようになりました。そして、少しずつではありますが、落ち込んでもそんなにひどく落ち込むということはなくなりました。

(yoshi・47才・鳥取県)

パワハラでイライラ、運転中に眩暈、耳鼻咽喉科に行った結果…

以前勤めていた病院での経験です。上司の女性の人からのパワハラがとても強く、何をやっても納得してもらえない状況で、自分よりも前に入職した同僚も、彼女のイライラに巻き込まれたくないのか、見てみないふりに徹底しているという環境です。

入職して3ヶ月くらいすると、出勤時に車を運転していると眩暈がひどくするようになってきたのです。最初は、身体の調子が悪いのかと思い、耳鼻咽喉科に通い眩暈の検査等をしたのですが、特に疾患は見つからなかったのです。それから、数週間すると、今度は、全く眠れなくなったのです。その時の睡眠時間は、一週間で5~6時間だったように思います。

余りに酷い不眠症だと思い、心療内科に行こうと考えクリニックに数件連絡を入れたのですが、どのクリニックも予約を入れるのに数ヶ月掛かるという返事が返ってきたのです。なので、とりあえず内科に行って、相談することにしたのです。

診察時、医師から、「ひょっとしたら、うつ病になってるかもしれないね・・・。」と言われびっくりしたのを覚えています。それと同時に、医師から幾つかのアドバイスがあり、実行したのを覚えています。一つ目は、寝る前の飲酒をやめると。二つ目は、定期的に運動をすること(ただし、やりすぎは逆にストレスになるので8割の力で実施)。三つ目は、服薬を開始すること。最後に、仕事をやめること。以上の4つです。

結局、仕事は、それから3ヵ月後に退職。2ヶ月程、無職の状態ですが、現在は、不眠も解消され、眩暈も有りません。うつ症状もひどくならず、現在、少しずつですが減薬中です。不眠は、うつ症状のサインらくし、早めに対処したのが良かったようです。ちなみに、現在、就職活動中です。

(頑張り屋さん・42才・静岡県)

電車に飛び込みたくなる症状

私が初めて「これはうつの症状かな?」と思ったのは念願の仕事に携わるようになってから5年程経った時でした。いつもと同じ様に仕事をしていたのに、昨日は良かったことが今日はダメなことに変わっていたり、あからさまに無視をされたり…。始めは「私何かマズいことでもしたのかな?」と思いいろいろと考えました。しかしいくら考えても答えが出ずに、毎日がだんだんと憂鬱になっていきました。

ある日仕事から帰る時に、当時私は電車通勤をしていた為、いつもと同じ様に駅で電車を待っていました。そして電車が駅のホームへ入ってきた時にふと思ったのです。「今ここで電車に飛び込んだら全て楽なるのではないか?」と。その時は思い留まりましたが、一度そういう事を考えると何度も考えるようになりました。休みの日に母や友人と買い物に出かけても、人がたくさんいると怖くなり、すぐに帰るということを繰り返しました。精神科を探したり、誰もいない職場で後片付けをしながら声を上げて泣き、家に帰ってからは家族に泣いた顔を見られたくない為部屋に閉じこもったり。このままずっとこんな日が続くのかと毎日考えていました。

もう全てが嫌になり、自殺を考えた時に母からついに聞かれました。「何かあったの?」と。全てが嫌になっていた私は母に全てを打ち明けました。これからどうするのかも。母は泣きながら怒りました。そして仕事を辞め、しばらくは好きなことをするように私に言いました。幸い私には趣味があったため、それに没頭することでだんだんと症状は改善されていきました。数年経った今は結婚もし、子供を授かることもできました。あの時母から背中を押してもらい最悪な状況を抜け出したこと、趣味に没頭出来たことが鬱から私が脱出出来た打開策だと思います。

(あいじゃ・30才・愛知県)

うつ病で決断力がなくなる症状

私は以前にうつ状態になっていた時期がありました。それは5年くらい前のことです。うつ状態になった理由はまずひとつに自分が出来る仕事がなかなか見つからないことでした。色々な職種のアルバイトをしましたが、職場で嫌なことがあったり自分に合わないなと思うとすぐに辞めていました。なので定職に付けない状態が続いていました。そしてもうひとつはその時唯一楽しく会話が出来る友達とも疎遠になってしまったことです。それからもうひとつは近所の方や前の職場の方が、私の家の前に来て私のことを噂するようになったことです。このような事が重なって私は人と会うことが怖くなり、本当に大事な用事の時しか家から出られなくなりました。このような期間が3年くらい続きました。この時は毎日家で映画を見たり子供の頃に見たアニメを見て完全に現実逃避をしていました。その頃は買い物に全くいける状態では無かったので、食品も日用品も全て家族に買ってきてもらっていました。そして新しい洋服も靴も買いにいけない状態で、インターネットで洋服を買おうとしてもどれを買っていいか分からなくて、決断力が全くもって無くなっていました。それから年月が過ぎて行って、少しづつ自分と向き合うようになっていきました。自分の状態や家族に迷惑をかけている現実を見ると、自分のするべきことが分かってきました。うつ病はその人によってうつ病になってしまった理由や改善方法が違うと思います。私がひとつ思ったことは夢を持つことでうつ病が少しは解消されるかなと思います。そして悩んでいるのは自分だけじゃないということを知ると気持ちが楽になると思います。

(まちこ・27才・北海道)

対人関係で負担を感じると無気力になり嘔吐する症状

私は精神的に負担を感じると無気力になり、体調を崩します。無気力になって、食事を嘔吐したり、不眠になって、無気力になるりやすいのです。
どのようなときに精神的に負担を感じるかというと、対人関係によるものが多く、それは仕事や友人のみならず、家族でも、言いたいことが伝わらないと、負担を感じやすいです。たとえば、努力をしているけれど、求められている結果がなかなか出ないとき、やり方が良くないのか、他に効率的な方法はないか指導を頼んだとき、叱られると畏縮してしまって、悪循環に陥ります。育つ過程で、少しでも失敗をすると、必要以上に責められたのも一因とは思いますが、叱られること、失敗をすることへの恐怖から、思うように動けなくなるのです。そして、できない自分を、自分でも責め、無気力になります。
病院を受診した際は、特にうつ病と診断もされず、通院の必要もないと言われましたが、精神的な負担は少なくする方が望ましいのは確かなので、環境を変えるようアドバイスを受けました。
受診当時、体調を崩して、仕事を休む旨を会社に伝え、休んだことがあったのですが、親が病院からそのまま出勤するように、勝手に動いたことがあります。当然、会社に病気の人間が来ても邪魔なだけだし、上司も休むように言うのですが、会社に車で送られ、会社からは帰され、結局休んでいるけれど休めていない日が続き、退職することが数回ありました。親に何度も説明しても、会社に尽くすのが当たり前だとか、何が悪いのか理解しませんでした。受診しても、親の望む診断がされないと、病院を変えてまで主張してきます。話が通じないので、環境を変えるべく、親元をこっそり離れ、体調も回復し、自分の体や精神的な健康を考えながら生活できています。

(sara486・29才・神奈川県)

会社にいく途中に涙が出て止まらなくなる症状

私は社会人になって会社の上司と同僚の板ばさみになりどちらが正しいのか誰が間違っているのかが分からなくなり不眠症になってしまいました。特に日曜日の夜が酷く、起きたら会社に行かなければならないという強迫観念から寝ても眠れない、熟睡ができずイライラして他人に当たってしまうということが増えました。

そのうち、会社にいく途中に涙が出て止まらなくなるということが続き、自分でもよく分からなくなり、更に会社にいるとひたすら眠たいという現象がでるようになり、仕事中はおきていられるのですが昼休みになるとご飯も食べずに眠ってしまうようになりました。

さすがにこれは何かおかしいだろ、と自分で思うようになり、会社を休んで病院へ行くことにしました。しかし最初は何科にいったらいいのか、自分が何の病気なのか分からず内科にいってしまいました。そこの医師に相談すると併設されている心療内科に回され、治療を受けることになったのです。

まず医師から言われたのは「治らない」ということです。症状を自分で把握し薬で抑えることはできるけど、根本的には自分の精神状態をよくしないといけない、とのことで、会社から距離をおいてほしいと言われました。ですので、会社を三ヶ月休職し、薬を服用しご飯をきちんと食べ、ちゃんとした時間に眠り起きるという当たり前の行動を当たり前にとることにしたのです。すると徐々に精神状態がよくなり、昼間眠くない、イライラすることがない、日曜日の夜に明日会社だと思って眠れないなどということがなくなりました。

原因から自分を遠ざけるのがうつに対して一番効果的なことが判明しました。皆さんも悩んでいるようでしたら、そのストレスから距離をおくようにするとよいと思います。

(こーひん・33才・大阪府)

更年期とうつが混じった症状

40代後半から更年期とうつが混じった症状に悩まされました。病院で診断。

冬でも体が熱くて布団に入れば汗をかく、夏などはもうエアコンと扇風機がなければ寝れない。とてもつらい2年間でした。夏は特にいつものぼせた感じで部屋の温度をさげても体に風が当たっていなければ涼しく感じなく寝てる時も常に顔に扇風機の風をあてて寝ていました。本当は風を直接あてるのは良くないそうで子供には注意されていたのですがどうにか眠りたい一心でいつも顔には風をあてていました。そうすると眠れるのです。寝ているときが一番幸せ。起きるとなまりのような体を鞭打ち家族にご飯や掃除、もろもろの用事が沢山あります。ですが思うようにはかどらず、自分にイライラ。それがまたストレスになり自分は今日1日でこれだけのことしかしていないのにどうしてこんなに疲れるのだろう。怠けてるのかとか夜になると一日を振り返り落ち込んでしまいます。ですが、家族が帰ってくる時間には何とか帳尻合わせで夕食をつくり部屋をかたずけあまり心配させないようにと頑張るので家族にはそれ程ひどくは写っていなかったと思います。反対にいうと家族がいたから重症にならなかったとも思っています。

うつの人は一日何もしないで退屈じゃないのとかいう人がいますが、本当に働きに出てなくても日常生活をこなしていくのが一杯一杯です。体がだるいので時間が何もしてないのにあっという間に過ぎていくのです。それを責める身内がいなかった事が早く治った要因だと思っています。きっと気づいてたと思います。手抜き料理が並んだ食卓。家族には感謝してます。

(みこ・51才・奈良)

季節でいうと春はうつっぽくなる

3年ほど前に転職をして新しい職場になってからすぐのことでした。
もともとパソコンのスキルはそこまで自信がなかったのですが、私の入った部署がものすごくパソコンのスキルを必要とするところでした。
面接のときに勉強して頑張ると言ってはみたものの、環境に慣れるのに加え仕事を覚えるのと並行してパソコンのスキルを身につけなければならずに毎日失敗ばかりで落ち込んでいました。

もう一つ仕事とは別に初めての一人暮らしを新しい仕事になってから一か月後ごろからはじめました。
今まで実家にいたときは料理も洗濯もほとんどしたことがなく親に任せきりだったので、すべてのことが慣れないことばかりでとても大変でした。
一人は好きなほうですが、仕事から疲れて帰ってきて誰もいない状況が余計につらかったです。そんな悪循環でどんどん気持ちが落ち込んでいってしまいました。

なんとか会社は休まずに行かなければと思い必死になって行っていましたが、なにもやる気が起こらないので休日に外出することも減っていきました。
気分転換も必要だとは思いましたが、無理に出かけても疲れてしまうので無理せずに家でゆっくりと過ごすことにしていました。

もともと環境がかわったり、季節でいうと春はうつっぽくなる自分の性格をわかっていたので、とにかく時が解決してくれると思い夏終わりごろまでは耐えていました。
環境にも慣れ、やる気が上がる秋ごろになってやっと元気が出てきました。
一番落ち込んでいるときは何をするのも無気力でしたが、少し戻ってきたときには息抜きで友達と出かけたり大好きな映画を見たりして元気を取り戻していきました。

今考えても相当つらい思いをしていたと思います。でも大変な状況での仕事と一人暮らしをしてすごく成長できて良かったとも感じています。

(まーちゃん・27才・東京都)

リストカット癖から抜け出せたのは友人の事故死がキッカケ

これは、私が中学時代に経験した話です。
その当時私には親友Aがいました。凄く仲が良く毎日遊んでいました。
そんなある日私に彼氏が出来ました。
その事をAちゃんにも話をしたら喜んでくれて、私とAちゃんそして私の彼氏と良く遊ぶ様になりました。
私はAちゃんに彼氏の相談などを良くしていました。
Aちゃんも私の話を親身に聞いてくれていました。
そんなある日、私はAちゃんに呼び出されました。
そこには、Aちゃんと私の彼氏がいました。
その瞬間急にAちゃんから私に一言もう友達でも何でもないからと、
言われ私の彼氏も最低だなと一言言われ立ち去っていきました。
私が何かをした訳でも無いのに、何が何だか全く分からなくて
落ち込み毎日泣いていました。
そんなある日、Aちゃんと私の元彼が一緒に歩いている所を
見かけました。
私は、まさか!っと思い他の友達に聞いたのですが。
Aちゃん本人いわく私の元彼に私を悪く思う様に嘘を付き略奪したと
聞きました。その瞬間今までAちゃんを信じていたのに全てが崩れてしまいました。

そしてそれからの私は、家に居る時は自分の部屋に閉じこもった
ままになり眠りたくても1時間に1回は起きてしまい、全く寝れない状態が続きました。
その内私は自分の存在価値が分からなくなり、とうとう
リストカットをするようになってしまい。
それが段々自分の快楽になってしまい、エスカレートしてしまって
左腕には傷跡がびっしりありました。
そんな生活が4年程続き、その頃には新しい親友Bが出来たのですが
リストカットは止めれず、Bちゃんにもずっと心配をされていました。

そんなある日、Bちゃんは亡くなってしまいました。
それは事故死だったのですが、私には急すぎて全てが真っ暗になりました。ずっとずっと泣いて、またリストカットをしようとしたのですが
何故か、Bちゃんの事を考えたら出来なくなりそれからこれっきり
なくなりました。
私が軽い鬱から抜け出せたのも、きっとBちゃんが私に命の大切さを
教しえてくれたんだなと思いました。

(sora・23才・大阪)