適応障害で向精神薬と睡眠薬を処方された後、離脱症状で苦しんだ


Sponsored Link

3年前、頭痛とその他不調で、心療内科が併設された内科に行きました。その段階では、内科のつもりで行きましたが、問診で、疲れていて眠いのに眠れないこと、仕事に行く準備にとてつもなく時間がかかること、ごく簡単なはずの仕事の指示が理解できないこと等、説明していくと『適応障害・うつ状態』であると診断されました。

薬の処方と、不調の原因と思われる仕事をしばらく休むように言われました。薬は、向精神薬と軽い睡眠薬を半錠ずつ飲むような少なめの処方でしたが、自分には全く合わなかったようで、むしろ気分が悪くなり、調子は悪くなって受診前よりも何も出来なくなってしまいました。

薬を変え、調子は初診の時より少し悪いくらいに持ち直しましたが、そもそも病院に行ったことが良かったのかと疑問に思ってしまうくらいに、薬を飲んでいる意味がないのではと感じるような状態が続き、休んでいた会社も辞めざるをえなくなりました。加えて受診料と薬代が嵩み、生活面での心配も重なって心も身体もポジティブにものを見られなくなりました。


Sponsored Link

病状とは関係ない事情で、受診できない(つまり薬もなくなってしまう)という状態になった時、初めて離脱症状というものの存在を、激しい頭痛をもって知りました。やっと受診できた時、先生がポツリと発した「そのうちに収まるんだけどね」という一言で、そもそも飲んでいる意味を感じられない薬の断薬を決めました。2回ほど、離脱症状に耐えられずに失敗しましたが、3回目で収まるまで耐えることが出来ました。それは、仕事を辞めて、家事すらまともに出来なくなっていた自分にとって、初めて成し遂げられたことで、薬がなくても動くことが出来るという事実は、とても目の前を明るくしました。

その後、調子が安定しない時期は度々ありましたが、少しずつ、出来なくなっていたことを取り戻しており、今は薬の服用も通院もしていません。断薬の時期に引っ越しをして、それよりも静かな環境に移ったというのも良いように作用したように思います。まだ完全ではありませんが、当たり前のことを普通に出来るようになっていく自分を噛み締めながら、毎日を過ごしています。

(KADOKA・32才・兵庫県)


Sponsored Link