障害者手帳2級をもらえたが障碍者年金は落とされた話


Sponsored Link

私がうつ病を患ったのは、平成2年の夏でした。社会人2年目の時ですが、当時空調関係の営業の仕事をしてたのですが、その季節は猛暑で、尚且つバブルの時代だったので、営業しなくても売れる時代だったんですが、売れるからこそ商品が無いとか、猛暑が続くから故障も起きやすく、毎日朝から電話の嵐で、内容は謝罪に行ってくれとか、商品はまだ届かないのかとか、見積もりを早く出せとかの繰り返しで、また2年目というのもあり、人に任せるという事ができず、全部自分が背負い込んでいたので、毎日が憂鬱になり、やがて食欲も無くなり、喉は圧迫感が出てきて、何もやる気が起きない状況になって、しまいには殺されると言う脅迫概念に襲われ、それがきっかけで精神科に通い、とりあえず1ヶ月休養しました。
所属も営業から内勤に変えてもらいましたが、結局営業の時の上司と合わず、上司に悩まされ、また休むようになり、その会社を辞めました。それからというものは、転職しても脅迫概念は消えず、そのたびに休むことが多くなり、あちこち転職して、もう社員ではなくて時間が短いパートで働くようになり、年も取り転職活動をしていましたが、全然受からないので、ハローワークの紹介で、転職セミナー受けた時の先生から障害者手帳と障碍者年金の話しを聞かされ、初めてその存在を知りました。


Sponsored Link

知ったのが2年前なので、23年間存在を知らないまま働いていました。障害者手帳も障碍者年金も、通っている病院の先生に手続き用紙と診断書を書いてもらわないといけなのですが、障害者手帳は2級を貰いましたが、障碍者年金は、先生が言われてた通り申請はしましたが落とされました。障害者手帳のメリットは、広島市では、広島市運営の駐車場がタダになることとか、障害者専門の求人が受けられるとか、タクシーチケット(500円)か市内電車又はバスが半額になるだけでなく、専用カードが配布されます。私は今、就労施設A型という所で働いています。これも、障害者手帳がないと入れません。そこで、キャリアを身に着けながら、皆が障碍者なので、気兼ねなく働けます。障碍者手帳は、持つ権利がある人は、持つべきです。ただし、各自治体でサービスが違うので、そこは調べないといけません。

(のり・51才・広島県)


Sponsored Link