クラウドワークス、執筆のネタ


Sponsored Link

私の在宅ワークについてご紹介します。私の収入の財源は「人があまり経験ができない自分自身の経験を執筆する。」という考えの元で在宅ワークとして作業を毎日挑戦するつもりで頑張っています。
具体的には、
1.自分の趣味(バイク、車、音楽、占い、物づくり)などをコツや特徴をとらえて描写する。
2.自分の職業(元教習所の指導員ということもあり、その勤務経験が20数年のキャリアの中で約8万人の教習生を担当した時の記憶に残る体験談、資格を取った時に学んだ運転術や安全運転術)
3.自分の既往歴(高血圧、糖尿病、腎臓病、くも膜下出血に伴う障がい者となった生活状況、重症筋無力症の闘病生活)
4.自分の借金問題(自分の汚点も在宅ワークの仕事ネタとして活用しています。
5.自分の旅行記やグルメ日記を題材にする。
この執筆のメリットは?
①.自分の人生の振り返りと整理ができるし、今後の思索となる。
②まさしく自分の経験は財産、これをビジネスにするのは、車に例えると「人生経験のハイブリッド化」と考えても良いような気がします。
③.苦しい低収入の生活がサイドビジネスのおかげで助かっています。
一方、デメリットは、
①.自分の経歴をあからさまにしてしまう。
②。自分の経歴がばれてしまう。(いい意味でも悪い意味でも)
③。自分お経歴がプロファイリングされてしまうかもしれない怖さがあります。(個人情報がからむかもしれませんね。)
まとめて言いますと自分のビジネスマインドは、何も財源の無い中で自分の出来る職材を探すことで何かを実現するには、資本も必要になるし、履歴書を提出すると「この人の経歴はわが社では採用できない」と言う結果になるととても副業というわけにも転職と言うわけにも行きません。そこで見つけた物は「クラウドワークスさん」の在宅ワークです。
これによりどれだけ私のビジネスマインドの協賛になったのか感謝の言葉の表現力がここでは語れないほど感謝しています。これからもこの在宅ワークにて進んで生きたいと思いました。


Sponsored Link

(domex20・53才・東京都)


Sponsored Link