軽度のうつ病で寝不足、道路に飛び出し事故に遭いそうになった件


Sponsored Link

私は20代前半の時に軽度のうつ病になりました。その時働いていた会社は転職し事務員として2年ほど勤務していましたが、小さい会社で家族経営のようなものでした。その為人間関係はかなり濃く、事務所の中で夫婦喧嘩が勃発するのは毎日の事で他の社員と経営者夫婦の仲もあまり良いとは思えませんでした。そして社員が少ないので全員ができることを精一杯していかないと仕事がまわりません。お昼休憩も自分の意思とは関係なく無理矢理短縮になることもシバシバでした。ある日の事、朝会社に到着すると私の机の上に飲んだ後の空き缶やたばこの吸い殻が乱雑に置かれていました。一体なんなのかと思いその日は片付けましたが、その日を境に頻繁にそのような事が起こりました。おそらく事務員なので片づけとくようにという意味で置いたのでしょうが私には耐えられませんでした。普段我慢していた事と重なり爆発してしまいました。通勤前には胃が痛くなり、着いたらおさまるの繰り返しの日々でした。顔には吹き出物が数多くできるようになり、薬を塗ってもなおりません。夜も寝れない日々が続き常に寝不足状態でそのうち精神的におかしな事を考え始めました。ある日ふつうに帰っていたのですが、目の前から車がきていました。普通に歩いたら間違いなく事故になり軽いケガじゃすまされないのですが、無意識のうちの私は止まらずに進んでいたのです。幸い車が急ブレーキで止まってくれたのですが、ふと我にかえった時なんて恐ろしい事をしたのだろうと思い、病院に行きました。結果は軽いうつ病でした。会社にいたらもう自分の身がもたない事を察し、うつ病であると診断された事を会社に伝えて退職しました。今は比較的大きな会社で人間関係も温和なところに転職して楽しく働いています。うつ病の人は無理して働くことは非常に危険です。今働いている職場があっていないのであれば転職や異動届を出すなどして環境を変えることが必要だと思います。


Sponsored Link

(のんきち・32才・兵庫県)


Sponsored Link