過呼吸となり救急搬送!不眠や全身の倦怠感、性欲の減衰…


Sponsored Link

食品工場の現場で働いていましたが、急性胃腸炎で一時会社を休職していました。体が良くなってきたため会社に向かおうとしたところ、急に動悸や激しい吐き気に襲われ、過呼吸となり救急搬送される事に。医師の勧めで精神科に受診するよう言われたので、後日受診するとうつだと言われました。症状は上記以外にも、不眠や全身の倦怠感、性欲の減衰があります。

職場は基本的に火を扱っているため過酷で、上司も体育会系が多く毎日怒号が飛び交っているような環境でした。さらに、家庭では性欲の減衰による妻との生の不一致や、嫁姑問題の板挟みの状態に置かれ、日常的にストレスのある環境だったと今は思います。しかし、これらの症状は時間が経過した現在だからそう自覚できることがほとんどで、実際その時は自分に自覚症状はありませんでした。そのため自分では少しけだるい感じがするくらいに思っていたのですが、周りの家族からはずいぶん前から以前とは様子が違うため心配をかけていたようです。


Sponsored Link

私の場合、妻や家族がその違いを早めに察知してくれたおかげで、比較的早期に受診することが出来たため、ほとんど外出が出来ないとか人の多いところには行けないといった症状にはなっていません。しかし、うつ病になる人の中には自分で自覚症状がない、あるいは症状を自覚していても忙しさを理由に病気と向き合わない方が多いと思います。基本的に精神科は予約制なのでもうだめだと思ってから受診までに2週間近く待たされることもあるはずです。ご自分の体にもし私が体験したような症状がありましたら速やかに精神科に受診されることをお勧めします。

(mallow・31才・静岡県)


Sponsored Link