うつ病を罹患、生活保護申請が認められた経緯


Sponsored Link

現在私は36歳ですが、30歳の頃働いていた会社でのパワハラや人間関係等に悩んでしまって、うつ病を罹患してしまいました。
しかし、一人暮らしだった私は、生活費を稼ぐために働かざるを得ず、半年程度働いては退職をして雇用保険をもらい、また半年はたらいては雇用保険をもらい…という生活を繰り返していました。
その結果どこの企業も採用をしてくれないという状態に陥ってしまい、就職をしていた頃のカード会社の借金で暮らすはめになってしまいました。

なんとか就職先をみつけて借金を返していましたが、うつ病は仕事に借金返済の生活苦が加わりみるみる悪化し、その就職先を解雇されたときに医師から生活保護を薦められました。
最初に相談に行ったときは、やまほど暇そうに仕事をしている人が居るのに「担当者が不在」とか、「明日の朝来てほしい」とか、いわゆる水際作戦を市役所の職員もとっていたのですが、その場に居ることが情けなくなってしまい恥ずかしながら泣き出してしまったところ、個室に案内されようやく生活保護の申請をすることが認められました。
飲んでいる薬を机にぶちまけて泣くまでしないと、もはや働けないということがわかってもらえない現状に不満を覚えることもありました。


Sponsored Link

問題はそこから決定まで1ヶ月かかるということでした。手元にもはや3桁程度のお金しかなかった私は、市の別の施設から1万円程度を借りることができましたが、その職員も非常に高圧的でした。
消費者金融等返済ができないものについて、法テラスの援助を受けるにあたり、生活保護の受給が決定していることで有利になるので、この期間の消費者金融とのやりとりも大変でした。

約1ヶ月経過した後、生活保護の受給を受け始め、それから半年アルバイトが決まるまで毎月10万強の生活費をいただくことができました。
歯医者は胃腸科など他の疾患についてもようやく遺者にかかることができるようになったので、非常に助かりました。

(うつな日々・36才・埼玉県)


Sponsored Link