DTPのオペレーターを在宅とパートで就業


Sponsored Link

ちょっと大きな病気で手術をして入院をしていたため、フルで通勤して仕事の携わる体力がなくなり、金曜日に休みをもらい、その空いた時間に、自分の体力に合わせて休憩を撮りながらできる在宅ワークにあてることにしました。
仕事は、DTPのオペレーターを在宅とパートで就業しています。雑誌や書籍の電子組版を指示に従って行うというもので、メールで依頼があった仕事でできそうなものがあれば、返信し条件が合えば仕事に取り掛かります。

在宅で困ったことは、メールでの対応がほとんどのため、連絡が密に取れないということです。
至急と明記しても2時間くらい返事がない時もあります。その場合、仕事が滞ってしまうので無駄な時間が過ぎてしまいます。
また、伝わってると思っていることが伝わっていなかったり、説明を理解したと思っていても間違っていたりします。
その場ですぐ確認できないことが一番つらいです。
また、デザインの経験が浅いため、デザインが伴う依頼の場合は尻込みしてしまいます。


Sponsored Link

私としては、ダブルワークというよりもトリプルワークがしたいと思っています。全然家族以外の人に人に接しないのは、良くないことだと思うので、週2、3日は通勤し残りは在宅で働きたいと思っています。
仕事部屋は、自宅以外に構えたいと思っています。そこに必要な機材を揃えて在宅の仕事をしながら、会員制というか予約があった時だけカフェのようなお店をを開き、訪問していただいたお客様と趣味の手芸の話をしするサロンのようなお店を開きたいと思っています。

(ポリクローム・51才・東京都)


Sponsored Link