希死念慮の原因※ある日、自分のキャパシティーを超えてしまい思考能力が低下し・・・


Sponsored Link

ある日、自分のキャパシティーを超えてしまい思考能力が低下、希死念慮に陥る

某大手人材派遣会社の内勤として勤務していたときの話です。

そのころの業務は、ひどいときは早朝から深夜まで続く大変な激務でしたが、責任感から目の前の業務になんとか食らいついました。

生活リズムが乱れ、寝れない日々。

かなりのハードワークでしたが、やればやった分だけ返ってくる、時にお客様や派遣社員の方から大変に感謝されることもあり、それにやりがいを感じ自身のすべてを投げうっている状態でした。

しかし、あるとき自分のキャパシティをふと超えてしまったようで、気がつけば微熱と下痢が1カ月以上続くほど体調が悪化していました。

思考能力や記憶力が大幅に低下し、仕事上でのミスが目立ち始めました。

知人のすすめで近所の神経内科で診察したところ「中度うつ」と診断され、このままでは悪化し危ないとのことでドクターストップで退職することになってしまいました。

悔しさもありつつ安堵もありつつ、なんともいえない感情でした。

そうしてなけなしの貯金を切り崩しつつ自宅で療養する生活が始まりました。

療養といっても家ではひたすらベッドで横になり、観てもいないテレビを観ては携帯をいじったりと、何もする気がおきず無意味な日々をただただ過ごしていました。

そんな日々が数か月ほど経過した頃でしょうか。

自分に未来がないことに気がつきました。

自分の存在価値がないなら、いっそいなくなった方がいいのではと、希死念慮に陥りました。

そんなどん底から救ってくれたのは「人」でした。

旧友はそんな無価値の自分でも、昔と変わらず接してくれました。

親は時にはぐうたらな生活を戒めつつも、あたたかく見守ってくれました。

元同僚は引きこもっている自分を無理やり連れ出しては、バカ話をしてくれました。

そうして1年後、知人の紹介で別な仕事につくことができました。

ちょうどその頃、自営業を営んでいた親が業績悪化で倒産することになりました。

会社の整理をしたり自宅を売却したりとバタバタでしたが、体調が戻った自分はそんな親のサポートができるほどになっていました。

また、そのサポートをすることで、元の自分を取り戻すことができたのではないかと感じています。

ちなみに今では生活が盤石になり、無事に結婚をして、愛する嫁とふたり仲良く楽しく暮らしています。

結局、人はひとりでは生きられないのではないでしょうか。

ひとりでは弱いので転ぶことがあるかもしれませんが、周りの人のサポートがあれば必ず立ち上がれます。

困難なことは生きていく上で必ずあります。

今でもたまにつらい時があります。


Sponsored Link

そんなときは人に頼ってはどうでしょうか。

そうして今日も妻に叱咤激励されつつ、つらいことにもめげずに頑張っていこうと思います。

看護士の仕事で自分を追い詰めた結果、希死念慮で頭がいっぱいに・・・

私は看護師として10年勤務しておりました。

部署の異動と親の発病・看病・死・兄弟の子供が生まれ物理的にも精神的にも心が休まる時間がなくなり睡眠時間が2-3時間になっておりました。

親の死後すぐ部署異動があり、まだ心の穴が埋まっていないところへ新たな部署での仕事に慣れること、勉強など自分自身を追い詰めるように必死で仕事をしており帰宅しても倒れるまで勉強をするようになっていました。

ある日の仕事の帰り道「このまま階段から落ちてしまえばどんなにらくだろう。車で海へ突っ込もうか」と思いました。

希死念慮で頭がいっぱいになりました。

ふらふらと帰り道を運転しながら心が爆発しそうで涙で前が見えなくて、車を止めて家族へ電話。

「死のうと思うけど・・・電話してみた。」と。

とにかく一度帰宅するよう説得され帰宅。

家族に辞職したいことを話す。

そこまで辛かったのならまずはゆっくり休んだらと言われ、精神科を受診し休職へ。

薬は合わなかったけれど、精神科医師へ話をしていると心病む人は結構いるようで私だけが異常ではないのかと少しほっとしました。

うつになる人は頑張りすぎてまじめにやりすぎちゃてなった人が多いと思うから、まずはゆっくり休んで無理しすぎない、頑張りすぎないで自分をゆっくり見つめ直してみてほしい。

信頼して話をできる人がいるなら話をしてほしい。

ため込まずに吐き出す、よい解決方法があるかもしれない。

私は職場を辞め貯めていた貯金で自由に過ごす時間を得ました。

今までの苦しみはなんだったのかうそのように何にも縛られず楽しい時間を過ごしました。

今うつで、うつの症状で苦しんでいる方がいるなら、重りになっているものからまずは離れてみてください。

きっと今よりは生きやすくなると思います。

それとなんでも吐き出せる人に話をする。相談できる人がいないなら、文字をかける力がもし余っていれば紙に書きだしたり、ブログにぶつけたりとにかく外に吐き出してみてください。

うつの人はたくさんいる。生きづらくなっている人はあなただけではない。

この時代に生まれてきたことにどんな意味があるかはわかりませんが、苦しむためだけに生まれたのではないから。楽しかった日々を思い出して見てください。

これだけの苦しみの後にこれ以上の苦しみはないと信じて、ただ何もできなくてもいい、生きてるだけでそれが奇跡なんです。

あなたらしい解決策が必ずあるはずでし。たまには周りえお頼ってみて下さい。


Sponsored Link