【入門】障害者手帳・障害年金・生活保護


Sponsored Link

まずは 障害手帳からの取得をお勧めします。

障害手帳を発行していただく事は とても簡単で病院で代行して行ってくれるケースもあります。手帳は3級までありますので、まず申請には通ると思います。障害手帳があると ないでは大きく違い、再就職の際 病気をクローズ(隠す)オープン(公表する)で違いますが 障害手帳があると このオープンで働く。と言ったケースに必ず必要になってきます。つまり逆に言うと 病気でもいいです。と言った企業に就職する際には 必ず必要になるのです。これは 病気を持って退職などした方や 再就職をされる方には非常にメリットがあります。必ず 障害者手帳をまずは持ちましょう。スポーツセンター等の公共施設が無料で使える等の利点もあります。病気と闘うために運動するなんて方には非常に便利な代物なのです。又必要なかければ人に公表する必要のない物でもあります。偏見ですとか気にする必要もなくなりますよね。 なので、まずは手帳を持つことをお勧めします。


Sponsored Link

次に障害年金ですが、これは 発病した際の初診の病院への定期的な通院から逆算して 1年半が経過していないと申請できないので 病院の先生に詳しく聞いてみることをお勧めします。発病して初診を受けた際の年金が 厚生年金なのか国民年金なのかで受給する年金基金が変わってきます。厚生年金に加入している時に初診で病院へ行ったなら厚生年金の1級から3級までの認定が受けれます。又国民年金ですと1級から2級の認定が受けれます。これは始めの手続きが意外と大変で 大きな病院ですと代行してくれるケースもあるようですが、実際に認定を受けて年金を受給すると 大きな金額が二ヶ月に一回入るのですから、出来れば申請をお勧めします。私は3球ですが 月にして約5万円の収入と障害者として働いている収入手取り10万円で生活しています。これが2級になると 月にして7万円以上のお金が振り込まれますので 生活が助かる事は間違いありません。

最後に 生活保護なのですが、これは持ち家や分譲マンションではない賃貸に住んでいれば簡単に支給決定されます。ここで重要になるのが 障害手帳もしくは障害年金です。これが2級以上ですと 生活保護に加算の金額が上乗せされるのです。普通の一般の方の生活保護費よりも高い金額を支給してもらえます。これは非常に大きいのを実際に生活保護を受けて思いました。私は3級ですが友達は皆2級でしたからね。

まとめになりますが、生活を立て直すのが先決なのは 皆様同じだと思います。まずは手帳取得から初めて病気の治療や社会復帰に向けて非常に助けになる仕組みですので ぜひ活用して少しでも 早い回復が出来るよう考えてみて下さい。又生活保護も含めて大きな病院ですと代行してくれます。なので安心して治療に専念して頂ければと思います。

(ダビデ・47才・広島市)


Sponsored Link