社会的不安障害の原因は親から受けた虐待だった


Sponsored Link

私はうつ病はなんとか良くなりつつありますが、パニック障害・社会的不安障害です。

元々親から叩かれたりと若干の虐待と、妹と比べれたことのストレスを受けていたのがきっかけです。

発症というか気が付いたのは高校2年生の時です。

自傷行為や被害妄想・外出したくないなど、症状様々ですが、とにかく酷かったです。

実際今でも酷い時はカッターナイフに手を出したりしてしまう時があります。

自分でも無意識のうちにやっていることが多く、自覚というか事が終わってから気が付くという感じです。

本当に大変でした。

誰にも理解してもらえないですし、助けを求めても所詮他人・・・。と思ってしまう点があり、相談もできず、保健室登校になったりと親にも迷惑かけました。

そんな環境が嫌で地元から出て、少しでも変われたらと思いました。

実際、都会に出るといろいろな人に会いました。

同じ症状の方や私よりもひどい方、私自身が否定されているような感じだったのが、だんだん消えていきました。

自傷行為をする回数も減り、自分だけで考えることが少なくなりました。

悩みを共感しあえる友達にも会えましたし、それを理解してくれるパートナーにも会うことができました。


Sponsored Link

外に出たくないと思っていたこともなく、自傷行為もだいぶ減っています。

理解してくれる友達がいるのは本当に私にとって救いです。

あの子がいなかったら、私だけ違うと思っていたと思います。

自分で思い詰めて自分でも想像したくないです。

このことがきっかけで私は悩みを抱えている人を助けようと考えるようになりました。

自分が特殊な経験しているからこそ痛みが分かる・・・。

中途半端な気持ちでアドバイスをしなくなりました。

正直、私はこの症状をみんなに言うことが嫌でした。

自分だけ違う目で見られるのが嫌でした。ですが、これを公表というか他人に伝えることで、同じような悩みを抱えている人の手助けをすることができました。

うつ病になりそうな人を救うこともできました。

その時私はこの経験をして良かったと思いました。

自分の経験が生かせたのですから。

これからも助けを求めている人を見捨てたりしたくない、同じような症状で悩んでいる人の橋になりたいと思います。

私が助けてもらったように、私も助けたいと思いました。

(メープル・21才)


Sponsored Link