大阪障害者リワークセンターのカリキュラム


Sponsored Link

私は28歳の会社員です。平成27年4月3日から休職しております。原因は職場の人間関係のもつれによるうつ病です。学生のときから引っ込み事案な所があり、自分なりの意見や考え、芯などは持ち合わせているつもりでいます。しかし引っ込み事案の性格が災いしたのか、自分の考えを表現するのがほんとうに不器用で学生の時にお前は成績はよいのだか、言語能力が低い、しっかりしろと言われたこともありました。自分ではこういった在宅ワークの文章作成やPCの活用には自信があります。ですからこのように投稿することもできます。本当に人間関係だけでうつ病となりました。そして休職して一年が経過し、心の方も回復して、会社の産業医からリワークの話を持ち込まれ、今年の4月から大阪障害者リワークセンターと呼ばれる、公共施設に通うことになりました。カリキュラムは約半年間で組まれておりました。しかし、7月でリワークは中断することになりました。途中で行くのがつらくなったのです。リワークの人間関係も原因の一つだったのかもしれませんが、それ以上にスーツを着用して電車による、それだけでも、忌々しい職場にいたときの記憶がフラッシュバックしてきたのです。職場では本当にいじめの状況でした。学生の話ではないですが、結果としていじめる方が周囲から見て悪いとされますが、それ以上にいじめられるほうに原因があります。いじめるほうは何事においてもやるべきことを大概の人がやっております。だからツッコムことや嫌味などの言えます。それは私にも言える部分があることも理解しております。しかしそれを差し引いても私をつぶそうとしてきた人間が許せません。コーヒーメーカーを腕に当てられ、火傷を負わされたこともありました。そしてこのような事を思い出し、憎いと思ってしまう自分はまだ職場に復帰はできない、そう思いリワークを中断しました。時間をかけて自分の中の憎しみを消していきます。休職期間は3年間、あと半年から一年休職します。


Sponsored Link

(くろっち・28才・大阪府)


Sponsored Link