自立支援法は一度申請が通れば、あとは一年に一回更新の事務手数料だけ


Sponsored Link

私が精神疾患にかかったのは、18歳の時でした。最初は電車に乗っているときに異常な不安感に襲われるという、パニック障害でしたが、私が発症した時は、まだパニック障害についてあまり知られていなかったので、不安神経症という診断名で心療内科を受診していました。その後、症状は一進一退を続け、やがてうつ病になってしまいました。

病院を変え、自宅近くのクリニックに通院することにしました。このクリニックでは、色々な種類の薬を大量に処方されました。それでも主治医の言うことを信じて服薬を続けるようにしましたが、状態は良くなるどころか余計にわるくなっていきました。この時飲んでいた薬は1日に30錠は超えていたと思います。それだけの薬を飲まなければいけないし、2週間に1回の診察代も苦しくなってきたので、そのクリニックに相談できるソーシャルワーカーがいたので相談したところ、自立支援法で医療費が補助されることを知りました。


Sponsored Link

その後、薬漬けの毎日を断ち切る為28歳のときに精神疾患専門の病因に3カ月間入院しました。入院の費用は、自立支援法ほ医療費補助対象外のため、何とか高額医療補助制度でまかないました。退院後は、その入院していた時の主治医と信頼関係を築くことができたので、引き続きその病院に今でも通院しています。診察代と薬代が全額補助されるので非常に助かっています。

自立支援法の申し込み手続きですが、精神疾患を診てくれる病院なら相談したら手続きについて教えてくれると思います。最初は書類を書いたり、主治医の意見書のようなものが必要なため時間はかかりますが、一度申請が通れば、あとは一年に一回更新の事務手数料がかかるぐらいです。そんなに高くはありません。普通に3割負担で診てもらった時の1回の診察代と薬代ぐらいしかかかりません。それで一年間医療費補助を受けられるのだから、可能であれば是非自立支援法の手続きをする方が良いと思います。

精神疾患との闘いは、非常に長いものになると思います。風邪や怪我を治療するようにはいきません。そうした長期戦も見据えて是非医療費補助制度を申請することを経験者としてお勧めしたいと思います。

(ryu・37才・大阪府)


Sponsored Link