心理士さんのカウンセリングは1回8000円もした!


Sponsored Link

私は仕事上のストレスと家庭内のストレスが重なってうつ病と診断されました。治療を始めてからもうすぐ2年が経つところです。うつ病と診断されたきっかけは、ある日の夜中に突然目が覚めて胸に強い圧迫感を感じたことでした。なんとも形容しがたい悲しい気持ちがこみ上げて来て、大声で赤ちゃんのように泣きわめいている自分がいました。何が原因かよくわからないのに、とにかく悲しくて辛いんです。これは何かがおかしいと思い、翌日すぐに心療内科に行きました。「完全にうつ病ですね」と言われました。

それからというもの、仕事を休職し、実家で寝たきりの生活が始まりました。食欲もなく、何かをする意欲も湧かず、何にも興味が持てず、生きること自体が重いことのように感じました。誰とも口を聞きたくなくなったり、突然苦しくなって呼吸をしに外へ飛び出したりしました。不眠症で夜は思うように眠れず、昼間寝てしまうことがよくありました。まずは抗うつ剤を処方してもらって、投薬治療を行いました。


Sponsored Link

しかし、年カ月たっても原因不明の苦しさや意欲低下から逃れられませんでした。そこで、投薬治療と並行して心理士さんのカウンセリングを受けることになりました。仕事上の悩みや家族内での問題など、第三者に聞いてもらうことではじめて自分の気持ちを理解してくれる人が現れたように感じ、ほっとしました。しかし1回8000円というコストだったので、なかなか通うことができなくなりました。

そこでできるだけ投薬治療を続け、カウンセリングには月1回ペースで通い、なんとか辛い時期を乗り越えました。2年かかりました。今となっては仕事も辞めて気楽に過ごす時間をもつことができるようになり、軽いアルバイトをしながら健康のためにヨガの勉強をするようになりました。

(かれい・30才・東京都)


Sponsored Link