心療内科のクラシック療法


Sponsored Link

24歳の時に勢いで結婚してしまいました。何となくその時に毎日が楽しく無かったので、今考えると現実逃避だったのかな?と思います。その時はそこそこの収入もあり、プライベートも充実していたのですが、それでも何か虚無感がありました。充実していても毎日が楽しくない、矛盾していますが、私は当時心機一転、新しい自分になりたい、そう思っていたのです。そういう時に当時付き合っていた彼氏、現主人が転勤することになり、遠距離になるくらいなら、と一緒に転勤について行き、そのままゴールインしました。

新しい環境、結婚…。幸せでした。しかし1か月で壁にぶち当たりました。引っ越した先は思ったよりも田舎で、就職が無いのです。結婚しても仕事をフルにしたかった私は焦りました。焦って気分が暗くなりお酒に頼るようになり、生活にも弊害が出るようになりました。このままではいけないと、心療内科へ通うようになりました。診断結果は「適応障害、軽い鬱状態」でした。軽い安定剤とを貰って医者に従って服用していました。だんだんと心のもやが晴れて、焦ってもいけないと思い、短時間のパートに出るようになりました。すると結婚前のように毎日が充実すると感じるようになりました。毎日忙しくしていると心のもやを感じる暇がありませんでした。


Sponsored Link

しかしある日の朝突然心が苦しくなってしまいました。自転車でいつものように職場の近くまで行ったのですが、とても仕事が出来るような状態ではありませんでした。結局自宅へ帰り、布団の中でうずくまっていました。言葉にならない焦りが心を支配して、起きているのが辛くなりました。原因が一体何なのか自分でも分かりません。とにかく心が辛いのです。年をとることの恐怖、これからどうやって生きていくか、そういう事を延々と考えていました。食事をしようと起き上がってみたものの、食べ物の味がしません。結局また布団の中でうずくまっている状態です。3日間こういう状態だったので、診察日ではなかったのですが、心療内科へ行きました。先生に話を聞いてもらい、看護師さんにも優しくしてもらい、クラッシック療法というものも初めて体験しました。モーツアルト等のクラシックが流れるヘッドフォンを装着し、座り心地の良いソファーに寝かされ40分程目を閉じていました。そしてその日初めて処方された抗うつ剤を服用するようになりました。1週間程すると今度は元気が出てきました。元気が出て仕事以外でも体をパキパキ動かせるようになりました。そうこうしていたら物凄く痩せました。元々過体重気味だったのでハッピーな事です。

今現在も安定剤と抗うつ剤を服用しています。一時期節約しようと病院通いを勝手に辞めたのですが、案の定また布団の中から出られない心がどんよりとしてどうしようも無い気持ちになってしまいました。一定の周期でやっています。いつか気分は晴れると経験論で分かっていても、一度鬱状態になってしまったら這い上がるまで時間がかかります。修行だと思うようにしました。

(グーチョキグー・27才・山口県)


Sponsored Link