対戦ゲームでうつ病対策する方法


Sponsored Link

医師にうつ病と診断されたものです。症状としては気分が沈んで何もやる気が起きない、体がなかなか動かないなど日常に支障が出るくらいでした。そのため家族に精神科の病院へ進められて通院していました。おもな服薬は精神安定剤と睡眠薬を飲んでいました。うつ病の原因は過度のストレスからでした。長い間何もせず無駄にする日々にストレスをためてしまいさらにうつ病がひどくなっていきました。自傷行為や自身を罵倒したりもしていました。そんな最低な日々が一年ほど続きました。


Sponsored Link

そんな中家族からはいろいろな病気の対処法を教えてもらいました。なかなかうまく続くものがなく、またダメになってしまうのかと思ったいたときに出会いました。将棋やチェスなどの対戦できるゲームです。最初はルールを間違えて対戦相手に迷惑をかけてしまって苦戦しました。しかし慣れていくにつれて相手と世間話をしたり同じ趣味があってその話に花を咲かせたりして徐々に自分が明るくなっていくのを感じました。対戦に勝つと自信を持てるようになり少しずつですがストレスを感じなくなっていきました。

チェスや将棋ではなくてもいいですが、他の人と話ができるようなそんなゲームがいいと思います。真剣に勝負して勝てば自分に自信がつきますし負けてもまた勝ちたいと思うことができます。そうして少しずつ会話や自信がつくことで自分を責めることなくストレスもゲームを楽しむことで解消することができました。自分はこの方法でうつ病を克服することができました。

(ひろし・20才・愛知県)


Sponsored Link