足の裏に大量の汗をかくのは「うつ病」?


Sponsored Link

病院で診断をされたわけではないのですが、ある時、うつ病を特集したテレビ番組を見て、ああこれは私も体験したじゃないかと驚いた症状がありました。それは足の裏に大量の汗をかくことです。

入社3年目の冬、自分では暑いともなんとも感じていないのに、毎日足の裏が汗でびっしょりになってしまい不思議で仕方がありませんでした。当時は今ほどうつ病のことが話題になっていませんでしたし、私も常にストレスを自覚していたものの、うつ病だなんて考えもしませんでした。足の裏や掌の汗というのは自律神経が関わっており、緊張した時にも汗は出るものなのですが、この時は自宅でぼうっとテレビを見ている時でさえ汗が止まりませんでしたから、やはりどこか異常をきたしていたのでしょう。よく家族に愚痴をこぼしていましたから。


Sponsored Link

私がラッキーだったのは、上司が「最近、かなり思いつめているみたいだけどどうしたの?」と声をかけてくださったことです。私は上司に向かって悩みを相談したり、ましてや異常な汗のことを言ったこともありません。自分では全く意識していなかったのに、顔に出てしまっていたのでしょうか。こんなことを言われて私の方がビックリしてしまいました。

その後、思い切って自分の正直な気持ちを打ち明けてみました。上司も真剣に取り合ってくれて、結局配置換えを行っていただき、精神的に楽になると同時にあの異常なほどの汗をかくことがピタリとなくなりました。

現代社会、ストレスなんか当たり前なんて考えているといけませんね。何かしらのサインを自分ではない誰かが気づいてくれるかもしれません。

(はるな・35才・新潟県)


Sponsored Link