マッサージやカイロプラクティックに通ったが症状が悪化してうつ病になった


Sponsored Link

私は、自分はうつ病になることはないと、思っていました。きちんとしたい性格ではあるけれど、アバウトなところも多くある性格だからです。でも、うつになりました。受診まで、うつ病であることの自覚はなく、ただ、肩こり、腰痛、首痛、頭痛に悩み続けていました。整形外科にかかり、マッサージやカイロプラクティックなどで、体の歪みを直したり、体をほぐすなどして、過ごしました。事務仕事でパソコンを一日中使うことが原因と思っていました。ですが、ある日、突然、私は、何をする気にもなれず、涙を流し、もう何一つ頑張れない状態になったのでした。

原因は明らかな過労、多すぎる仕事によるものでした。上司が性格は悪くないものの、仕事が出来ず、こちらに仕事をまわしてくるため、必死でこなす毎日でした。私に負担をかけていることを申し訳なく思ている様子で、物をくだっさったり、食事をごちそうしてくださいましたが、これがいけなかったのです。私は、いい加減にしてとi言いたくても、言えない状況になっていて、自分がやるしかない、上司も、悪いなと思って申し訳ながっているのだからと、さあに、頑張り過ぎてしまったのです。ある日、ストーンと落ちるような感覚で、仕事が出来なくなりました。


Sponsored Link

私は、休職しても、戻ってきたときの上司が同じであれば、環境は変わらず、再発するであろうと考え、転職を決めました。同じ系列お仕事の方が、私の苦労を理解し、うつの発症原因を、その方の上司に話してくださり、私は面接に来るようにと言っていただきました。面接では、私の話をよく聞いて下さり、そして、ここで、働くよう、誘ってくださいました。うつ病に理解があり、そして、誰もが、自分の仕事を当たり前にこなす職場に転職すると、綿者、すぐに、薬を飲まず、夜もよく眠り、体の痛みからも解放されました。

うつ病発症後の転職に大事なことは、うつ病に理解があること。そして、自分自身がなぜ発症したのかという原因を自覚し、その要因を避けた職場探しをすることだと思いました。私は、」大変スムーズな転職と回復でしたが、うつに悩む方が、原因をしっかり見つめ、自分にあった職場と出会えることを願っています。

(みこちゃん・42才・東京都)


Sponsored Link