うつ病で休職、仕事復帰、ストレスに耐えられず再休職


Sponsored Link

私は4年程前に仕事のストレスでうつ病になりました。新入社員の私はコールセンターに配属され、電話対応の仕事が始まりました。覚えることも多く、とても大変な仕事でしたが、同じ部署に配属された同期たちと切磋琢磨しながら励んでいました。

そして、半年後、私は一人だけ異動になりました。異動先は同じフロアの、より高い電話スキルが求められる部署でした。さら覚えることがたくさんあるのと、その部署で対応するお客様はお金持ちの社長、医者、弁護士などが中心で、理不尽なことを言われたり、無理難題を押し付けられることもあり、より丁寧で慎重な対応が求められました。そのため、ベテランオペレーターばかりで、私のように新入社員が入るのは初めてとのことでした。初めはプレッシャーや不安もあり、小さなミスもよくしました。私は完璧主義で小さなことでも気にする性格だったので、ミスのたびに落ち込みました。


Sponsored Link

そして1年後にはオペレーターより上のリーダーになるための研修が始まりました。オペレーターとしても未熟な状態だったため、さらなるプレッシャーと不安を感じていました。そしてあるとき、大きなミスをしてしまいました。お客様にひどく怒られ、耐えきれず通話中に泣いてしまいました。ひどく落ち込み、今まで張り詰めていたものが切れたみたいに夜に家で泣きまくりました。それ以来、仕事に行きたくない、辞めたいと思うようになり、毎晩泣き、寝れなくなりました。仕事に行っても気持ち悪くなったり、めまいがし、欠勤や早退も増えました。心配した上司が保健師との面談を設定し、その後産業医面談した上で休職となりました。

心療内科にも通い始めました。それからは治療に専念しましたが、だんだん家にいることが嫌になり、もう一度働きたいという思いが強くなり、1年後に仕事復帰しました。初めは順調でしたが、やはりストレスに耐えられず再休職となりました。再度自宅治療をしている際に、今度は転職してやり直したいと思い始め、半年後に退職しました。

転職と言っても正社員はまた責任感に押しつぶされるのが嫌だったため、週4日の事務のアルバイトを始めました。基本は10時?17時勤務なので、仕事のリハビリには最適でした。環境が合っていたようで、仕事中にストレスを感じることもなく、通院も終え、無事病気を克服することができました。環境を変えて本当によかったと思っています。

(yu_yo・28才・愛知県)


Sponsored Link