障害者手帳の家事支援が便利な件


Sponsored Link

25歳の頃、発達障害と診断され、その2次障害として、抑うつ状態、うつ病と診断されました。大人になってから、とにかく仕事についても長続きしない、心身不良になる、生活のリズムがくるってしまう、周囲の友達と、遊びに行っても、不定期にしか働けないので、ついていけない、ひどいときは、2週間ほど寝込んでしまい何もできない状態が続いていました。

うつ病と診断されてからも、障害者手帳は取得していませんでした。精神障害者福祉手帳を取得しても、福祉的なサービスが受けれるわけでもなく、障害者雇用の時に、精神障害者福祉手帳を取得したところで、うつ病ということも理解されずに苦しむだけだと思っていたからです。

同じ症状の方と結婚することになって、その方も就労が不安定で、生活に困難を生じてしまい、私も働いてはいたのですが、うつ病が悪化してしまい、働けなくなってしまいました。福祉サービスはあまりみあたらなかったのですが、毎日私も家事に追われていました。一人では家事をするにはとても大変で、主人も不安定なので、家事が回らなくなって、
片付けや、お料理を作ることさえもできなくなってしまいました。同時期に入院も2か月ほどしてしまい、とにかく、日常の生活に困難をきたしてしまい、昼夜逆転など、大変苦しい思いをしました。


Sponsored Link

そういうとき、病院のソーシャルワーカーさんから、精神障害者福祉手帳を取得してみては?という提案がありました。福祉サービスもあまりないですし、持ったところで、偏見などあったら大変だとは思いましたが、家事支援などのヘルパー、通院に付き添ってくれたりするヘルパーさんをつけたりして、生活をスムーズにしては?という提案がありました。手帳を取得して、ヘルパーさんに家に来てもらい、片付けを一緒に行ったり、お料理をしたり、家事などの工夫を聴いたり、話し相手になってくれたりと、本当にヘルパーさんがいてくれることで、毎日の家事の負担から解放されて、数年後には、投薬治療も少なく済むようになりました。精神障害者福祉手帳は、現在では、家事支援のほかに就労の時の障害者雇用で必要になりますし、限られた交通機関ではありますが、割引の制度があったりします。経済的弱者の精神障害者には、ホント助かっています。

(ぽこ・40才・東京都)


Sponsored Link