休職すると無収入になるので傷病手当も早めに行動


Sponsored Link

仕事がストレスになり、身体の調子が悪くなっていきました。
結構無理をしていたので、ある時起き上がれなくなってしまいました。
毎日のめまい、吐き気、耳鳴り、だるさ、しびれなど症状はずっと続いています。
働いているときは注意力が散漫して、判断力もなくなり同僚に助けられていました。
そんな私の様子を見ていたので休職することに驚いてはいなかったです。
休職している間に色々とメールをもらったり、何かと気にかけてくれています。

休職する際などで書類を提出しなければならないのですが、それが1番しんどかったです。
起き上がれない日があるので、期限を守るのが厳しくなってきますよ。
何日までにこれを持って来てくださいなどの書類はとてもストレスになります。
私の場合は全部1人でやるしかなかったのですが、周りに手助け出来る人がいる場合はお願いした方が良いです。
診断書貰うのも、病院に行って医師と相談して役所行って…など具合が悪い中で行うのは本当にキツいです。
動けない状態なのにそんなことを強いられるのは、情けないやら悔しいやらで気分的に落ち込みました。
休職すると無収入になるので傷病手当も早めに行動しないといけません。
最低でも1ヶ月は無収入の生活になります。傷病手当が出るのは時間がかかるのです。
しかも事後報告なので、この1ヶ月生活していきたいから貰う訳ではなく、働けなかったから貰うと言った感じでしょうか。
金銭面で誰かに相談出来るなら良いですが、地方から出てきて休職なんて人は大変だと思います。
また傷病手当にも期限があるので治療が長引く人は他の方法を考えなくてはいけません。


Sponsored Link

しかし休養中はずっとのんびり出来るので、気にすることが無ければ自分と向き合える良い時間になります。
やっぱり性格が大きく関係しているようで責任感や完璧主義者の考えから、落ち込んでしまうことがあるようです。
休養してしばらくはキチっとした生活を保っていましたが、最近は何となく「ま、いっかー」と考えられるようになりました。
だらしないのはいけませんが、理想が高すぎるのは自分自身を苦しめてしまうんだなと痛感しています。
自分の考えと向き合う大切な時間として過ごせるので、焦り過ぎの人は一旦離れるのも良いかも知れません。
またうつ病は早めに対処すれば改善への道も短くなりますので、体調不良を軽視せずに医師の判断を仰いでください。

(ゆきな・23才・東京都)


Sponsored Link