胃のむかつき、胃薬を飲んでも治らない。うつ病だった!


Sponsored Link

仕事で、我慢に我慢を重ねて異常に眠るようになってしまいました。仕事自体ほとんど残業はなかったので、家に帰り着くのは夜の7時くらいでした。食事を済ませ、お風呂に入り、8時くらいにはゆっくりできる状態でした。8時に寝て、あすの朝6時に起きたとしても、10時間寝れます。十分だと思うのですが、うつの始めの頃は、10時間眠れても全然足りないと感じていました。今思えば、現実逃避をするためだったのかもしれません。寝てる時だけが、幸せだと感じていたような気がします。

次には、胃のむかつきがとれなくなっていきました。最初のうちは、市販の胃薬でも効いていたので飲んでいました。そのうち胃薬を飲んでもむかつきがとれなくなってしまいました。そして、仕事中に仕事の用事で銀行に行って待ち時間中に、何度もコンビニのトイレに駆け込んで吐くの繰り返しになってしまい、なにか体がおかしいと思いだしました。


Sponsored Link

会社の上司に相談しましたら、胃に異常があるかもしれないので胃カメラを飲んで来いと言われ、胃カメラの有名な病院を予約していただきました。そして、検査してもらいましたが、異常なしとい結果が出ました。

そして、そのことを上司に報告いたしましたら、胃が悪くないんだったら、精神的な方に異常があるのかもしれないと言われ、心療内科を受診するようにすすめられました。心療内科では、先生がいろんな質問をしてくださり、いろんな話を聞いてくださって、最後はうつ状態との診断結果。わたしが診断書出すから、明日から1か月会社を休みなさいといわれました。しかし、結局会社は辞めることにしました。

(ティンカーベル・37才・福岡県)


Sponsored Link