部屋に閉じこもり攻撃的になった


Sponsored Link

私は4年前にうつ病と病院で診断されました。当時は実家に暮らし、親に認められたく必死に勉強や機嫌とりを頑張っていました。ですが、だんだん自分の中でもう限界と言う気持ちが大きくなり次第に部屋に閉じこもるようになりました。

はじめて体に不調が訪れたのは閉じこもるようになってから2ヶ月程過ぎた頃です。夜にしっかり睡眠をとれなくなり朝まで起きていることが多くなり体がだるい日が続きました。ご飯も規則的に食べることが出来なくなり攻撃的になりました。そんな日が続きふと親の顔を見ると何時もより無表情に感じました。まるでマネキンが自分の目の前に立っているような恐怖を感じ、思わず小さな悲鳴を上げた記憶があります。集中力もどんどん低下していき、何に対しても全く手を付けられなくなり、片付けも行えず毎日部屋の中でなぜこうなるのか、なぜ自分は他の人が普通に出来ることが出来ないのかと泣いていました。実際自分というものが分からなくなっていたのだと思います。それから半年たったある日、親と口論になり今まで心の中で思っていた事が全て爆発してしまいました。号泣しながらひどい暴言も言い、完全に自分でも制御が効かなくなっていました。すると少しですが心が軽くなったような気がしました。それから2年かけ、元の生活が出来るように少しずつですが回復させていきました。今は親とは別の場所に住み程よい距離を保っています。


Sponsored Link

まさか自分がうつ病になるとは思っていなかったので、なぜ自分の体調が悪いのか理解ができていませんでした。はじめは病気かなと思い内科にも受診しました。体調が悪いと思ったらまずは体の病院に行き、それでも治らない場合は心の病院に行ってみると言う事も大切なような気がします。うつ病という自覚が持てるだけでも心持ちが変わると思いますので、是非少しでもおかしいと思えば一人で塞ぎ込まず相談する事をおすすめします。

(かな・23才・岡山県)


Sponsored Link