厚生年金の障害年金2級という資格で、障害年金を受給できた話


Sponsored Link

私は、うつ病を患っています。すでに10年間患っており、神経内科のクリニックに通院しています。当初は、賃貸マンションで一人暮らしをしていたのですが、うつ病がひどくなり、家事をすることができなくなってきました。例えば、食器を洗うこともできないのです。仕事の方も同様で、簡単なミスを連発するようになってしまい、産業医に診断してもらった結果、やはりうつ病と言われ、会社を2年間休職したのちに退職へと至りました。

そのような状況下で、私は一人暮らしを断念することになり、実家へ戻りました。クスリの副作用で、1日のほとんどをベッドの上で過ごしています。そして、2週間に1度、通院している神経内科に行って、クスリを処方してもらう生活を送っていました。そんなある日、私の主治医から、「あなたはいま生活費をどう工面しているのか?」と質問されました。私は、「親から生活費を全額出してもらっているが、両親とも年金生活なので、両親がいなくなってからが心配です」と答えました。すると主治医は、「いまのキミは明らかに障害年金の該当者だから年金事務所に相談に行きなさい」と助言を受けました。


Sponsored Link

私は、翌週、体調の良い時に、地元の年金事務所に相談に行きました。すると、手続きの方法を教えてもらえました。まずは主治医から、初診時からの受診経緯書を書いてもらう必要があるとのことでした。そして、自分自身で、初診時からの自分の体調を書面に記載する必要があるとのことでした。私は、再び、主治医のところへ行き、診断書を書いてもらい、初診時からの受診経緯書を書いてもらって、自分でも体調を記載した書面を用意して、年金事務所へ提出して、障害年金の受給を申請しました。5ヶ月後に年金事務所から通知がきて、厚生年金の障害年金2級という資格で、障害年金を受給できるとのことでした。あとで、主治医に報告したところ、一人暮らしができないくらい困難なうつ病の場合は、障害年金を受給できるとのことでした。救われた気持ちになりました。

(さぎすわべ仁・40才・東京都)


Sponsored Link