うつ病と働くことについて※ちーむはっぴい体験談(5)


Sponsored Link

うつ病になると仕事との向き合い方が変わってきたように思います。仕事のやる気がなくなってきていたように思います。怒られても反省せず、ただ謝るだけだし、自分から率先して仕事をしようという気持ちがわかなかったように感じます。
やる気がないのは、周囲も伝わっていきます。上司や同僚の目が厳しくなるようになって来ました。お客様へもやる気がないのが伝わり、苦情が社長に寄せられたこともありました。社長からはやる気がないなら辞めろと言われても、謝るだけで仕事への姿勢は変わらなくなっていました。
すでに誰が何を言っても駄目な状態になっていたのかも知れません。解雇は簡単にできないからいいやと思い、勘違いをしているようでした。
最終的には社長室に呼ばれ、面談をすることになりました。あなたは、採用されたときに比べて仕事の進捗は遅くなっているし、積極的にしようという姿勢が見られません。採用面接のとき、あなたは会社に貢献してくれると言っていました。しかし、顧客からも苦情が入るようになり、貢献しているとは言えない。その時私の不満が爆発してしまったのです。
朝も早くから仕事しているし、残業もしている。納期も間に合っているし問題ないと思うと言ってしまったのです。それから先は、社長が激怒します。
辞めてしまえ。やる気のない社員はいらない。と言われ、私は、辞めてやる!と後先のことを考えず言ってしまい退職することになります。
医師の指示どおり薬を飲み、ちゃんと仕事をしていたら転職することはなかったかも知れません。


Sponsored Link

(ちーむはっぴい・35才・鹿児島県)


Sponsored Link