慣例化している新人教育という名のいじめが原因で鬱病に…


Sponsored Link

会社の人間関係が原因でうつ病になりました。新入社員だったので緊張や慣れない通勤生活に加えて、覚えなければいけないことが沢山あり、いっぱいいっぱいでした。

先輩の人たちは、新人教育という名のいじめが慣例化しているようで、自分がやられたから入った人にやるということが続いていたようです。例えば、挨拶の研修など、笑顔がよくないという理由でトイレに連れていかれて笑顔の練習をさせられます。怖くて笑顔がひきつるのでさらに怒られます。

小さな会社なので同期は10名ほどですが、私以外にも、うつになって会社を辞めたのが5人ほどいます。みんな2、3年以内に辞めて現在は一人もいません。よく考えてみると、会社に残れている先輩たちは性格が悪いから平気なんだと思います。普通の感覚の人は、辞めるか病気になります。

覚えようと必死で睡眠時間を削っていたこともあって、不眠症になりました。だんだん、頭が真っ白になり何も覚えられなくなってミスがどんどん増えていきました。電話で何を言っているのか聞き取れないことも増えました。私は心療内科に通院しながら通っていたのですが、睡眠導入剤や安定剤など処方されていました。どんどん薬の量は増えてもよくはなりませんでした。そして、ドクターストップがかかり、1週間ほど会社を休みました。休職しても環境がよくなるはずもなく結局会社を辞めました。


Sponsored Link

失業手当をもらうには、ハローワークに行かないといけません。ハローワークは働くことができる人が行くので、病気が理由で辞めたとなるとなかなか受給しにくいです。担当の方がすごく親切な人だったので、離職の理由に理解を示してくださり、働けるようになるために親身に相談にのってもらいました。

しばらくして派遣ですが就職が決まりました。他の会社では、怒られることもなく丁寧に仕事を教えてもらえるということがわかったので、人間不信になっていた私にはいい職場でした。契約満了で退職したのですが、その後も連絡を取ったりしています。

生きていくためには働かないといけませんが、つらいときは辞めていいと思います。人間関係がおかしい会社は、どんなにお給料がよくても体を壊します。体を壊してまで働く必要はありません。辞めるときは不安でしたが結局何とかなりました。今は、通院もせず薬を飲むこともなく、あの経験があったから大概のことは乗り切れると思い過ごしています。

(すず・35才・北海道)


Sponsored Link