通勤中の電車で毎日めまい、動悸、嘔吐に襲われて駅のトイレに籠る


Sponsored Link

仕事の量が多く、自分ひとりで何件も1~10までやっていました。
もちろん仕事は正確性や責任が大事ですが、1つの入力ミスや喋り方、
部下の間違いなど少しのことでも何十分何時間も上司に責められていました。
説教分の時間を取り戻す為に残業の日々が2年続き、突然「ぷっつん」と糸が切れたように
心と頭が考えることや行動することが出来なくなりました。

どんなに頑張って家を出ても通勤中の電車で毎日めまい、動悸、嘔吐、に襲われ
駅のトイレから出れない。
ブルブルと震える手で職場に連絡すると、毎日最初に総務の人がとってくれ心配して
くれましたが上司に替わるとまた責められ…。
泣きながら出社して仕事を始めてもめまいで倒れたり吐き気がとまらずトイレに篭ったり。
これがうつ病を発症したときの症状です。

めいまいが辛かったので最初は耳鼻科に行って診てもらっていました。
何回か行った時、先生に「もしかしたら私は精神的なものかもしれません」と相談すると
「どんなに検査しても原因がわからず、最近そうだと思ってそっちの薬も出していた」と
言われ、心療内科に通い出しました。
その頃は外出するのも大変で病院だけは親に連れて行ってもらい、毎日布団の中で
寝転んでいることしか出来なくなりました。
寝転んでいても体調は悪く吐き気とたたかいながらぼーっとしたり泣いていたり。


Sponsored Link

それでも薬を飲みながら先生に相談し、2年ほどそんな生活を過ごしているとだんだん元気になって
外出や友人に合うこともできました。
何回かバイトもでき(半年ほどで重度のうつで辞めてしまいましたが)、そんな生活を5年ほど続けています。
最近は寝つきもよく、穏やかに過ごしていますが、まだうつは完治してません。
それぞれ重さや少し良くなるまで違うと思いますが、どんなにバカなことをしたり周りに迷惑をかけたりしても
少しずつ少しずつ出来ることから始めていけば、完治までいかなくても楽になったり少しでも笑えるようになれると思います。
大事なのは先生に相談、きちんと薬の量を飲む(衝動的にやりたくなりますが、飲まなかったり一度に大量に飲まない)
だんだん普通の生活をしていく(ぼーっとTVを見たり、食べれそうなご飯やおやつをよく噛んで食べたりなど)
本当につらいですが、焦ったり責めたりせず、自分のペースでやっていくのが大事です。

(えれな・31才・広島県)


Sponsored Link