転職活動、試用期間中の欠勤で解雇された


Sponsored Link

サービス業をしていましたが体調が悪く、気持ちにも波がありました。お客様から態度が悪いとのクレームもくるようになり8年勤務をした記者を退職しました。うつ病と診断されて、失敗した例とし点としては一人で生活をしていて身内に相談できなかったために働かなければいけないと思い、無理に働いていた事です。体調を崩し転職をした3か月後に症状が悪化し最終的にはパニック傷害からうつ病と診断をされました。収入面の不安から転職活動を続けていました。企業にはクローズだったのですが試用期間中の欠勤などにより、解雇という形で職を転々押してしまいました。

暫くは、安静にしていた方が良いとの事で就職をせずに日雇いのバイトをしました、単発的なバイトだっため、1日だけのイベントや2~3日のイベントだったため通院しながら働くことができ、覚えることもほとんどなく、整列させたりチケットモギリ等、簡単な仕事だったので収入の足しにはなるかと思い働いていました。ある程、薬の効果もあったのか落ち着いてきたころに転職活動を再開し始めるようになりました。その時に思ったこととしてはサービス業のような不規則な業務や、笑顔を求められる業務は正直クレームを招きかねないので難しいという判断でしあ。いくら多少安定してきたと言っても、気持ちにも波があり欠勤せざるをえなかったりすることがあります。しかも受付などでは笑顔が作れない単にクレームに繋がるという事もあります


Sponsored Link

最終的に就職を決めたのは人事総務でした。人事の場合、比較駅経歴がないと難しかったのですが、総務の場合には未経験者でも可能という所がありあした。当然、朝から夕方までの仕事で倍率は高く、異業種(サービス業から事務職)への転職という事もあり、中々就職する事はできなかったのですが、何とか契約社員という事で就職をきめました。いつも変わらぬ態度で働くことが出来ればよいのですが、社内のコミュニケーションをある程度取ることができれば「お客様」ではないたクレームにはならず、淡々と仕事をしいればよいので、表情や体調が悪く急に欠勤をしても期日までに業務が終わっていれば問題がない(サービス業の場合人員不足で誰かがわかりに出勤しなければいkませんが)といった意味で負担をかけてしまい逆に罪悪感を抱いてしまいますが、オフィスワークへの転職はうつ病でも働けると感じました。採用率は低いかもしれませんが、比較的、体調面に左右されずに働くことが出来る現場なのではないかと思います。

(NSO・33才・東京)


Sponsored Link