海外で翻訳の在宅ワークをしています


Sponsored Link

海外へ旦那について移り住むことになったのをきっかけに在宅の仕事をするようになりました。住み始めたのが小さな町で語学力がそれ程ない私にはちょうどいい仕事がなかったのも理由です。在宅の仕事のメリットはなんといっても自宅にいたまま仕事ができる、そして時間の使い方を自分で決められるということだと思います。私自身今は育児中ですので会社勤めは厳しいのですが、子育てで忙しくても空いた時間をうまく利用して家で仕事ができると子供といる時間も減らさないで済みますし、そういった状況下で収入ができるのも非常に嬉しいです。


Sponsored Link

在宅で大変な点は、どうしてもパソコンに張り付くことが多いので目が疲れます。私の場合は翻訳の仕事なのですが、調べ物が多くインターネットを長時間使うことが多いので仕事中以外はパソコンを見るのが嫌になります。また長期つづけていくと会社などで生まれる人間関係が恋しくなることもありました。また、メールを中心としたコミュニケーションでコツコツと仕事をするスタイルなので時折寂しくなることもありますが、その分お友達といるときに思う存分楽しむなどしていました。在宅の仕事をしたいと考えている方は上記のような環境がご自身にあっているかどうかよくお考えになるのがいいと思います。

現在は翻訳者として働いていますが、今後経験をさらに積んでチェッカーなどの仕事もしてみたいです。
また収入がある程度に達すれば今後また別の国に行っても同様の仕事を継続が可能になりますので、自分の住んでみたい国をもう一度探してみるつもりです。

(dsanq・36才・海外)


Sponsored Link