オークション出品&取引代行の内職

私は以前「オークション出品&取引代行」の内職を行っていました。きっかけは、家のポストへ毎週投函される地域情報紙に「子育て中の方大歓迎!」という求人を見たことです。当時、私は1歳の子どもがおり、地域柄保育園の定員はいっぱいで働きたくても子どもを預けるところすらないという状況でした。そんな矢先のその求人には、「ネットオークション経験者優遇」や「アパレル経験者歓迎」など、私に当てはまる条件ばかりが書いてあり、私はすぐにその会社へ電話し、簡単な面接を受け、働くことに決まったのです。

その仕事内容は、オークション取引全般から自分が預かった分の商品管理も全て行うというものでした。衣装ケース2~3個分のレディース服や子ども服を預かり、家で商品の検品や手入れをしながら写真撮影。わからないブランドについてはインターネットで調べ、一品ずつヤフオクで出品しました。もちろん、価格設定も自分でしなければならないので、相場を調べながらの作業になります。出品する時は1日10件ほどしていました。商品落札後は落札者との取引になり、送料や発送先の確認をしたりとヤフオクのシステム上で連絡を取ります。そして、自分の口座で入金確認を行い、商品を梱包して発送、最後に落札者へ評価連絡をして一件終了といったものでした。

時々、会社へ出向いてチェックを受けることがあるのですが、その際にオークションの価格のつけ方に意見をされたり、商品説明の文を指摘されたりもしました。正直、シミがあるような売れないものも売れと言われるのは困りましたし、相場よりも高い価格設定を提案された時は溜息が出ました。また、淡々と一つの作業を熟す仕事とは違うので、家事や育児との両立は大変でした。稀に、落札者と連絡が取れないなどのトラブルもあり、ちょっと稼ぐ位の気持ちでは負担が大きい職種だと思いました。

今はその仕事は止めてしまいましたが、家にある自分の服や子どもの服、ハンドメイドしたものをオークションで売っています。委託のものだとどうしても自分の趣味ではない服や明らかに売れないもの、知らないブランドのものなどもあって商品説明に手こずりましたが、今は自分の良く知るものを売っているので商品説明もスラスラといきます。写真撮影も見せたい部分を撮るので楽しんでできています。これからは、ハンドメイド作品を増やし、行く行くはハンドメイド通販へと発展させていきたいと思っています。

(はまーず・27才・愛知県)

袋の紐通しの内職、うまくいけば月1万円

私は、子供がまだ2歳で小さくて仕事に行けません。保育園はまだ待機で入れず幼稚園にはまだ行けずです。なのでネットで近くの内職を見つけました。仕事の内容は、袋の紐通しです。難しいところもありますが、うまくいけば月に一万円の儲けにはなります。うまくいかないときは、3000円ほどの儲けしかならないときもあります。
内職をしていて本当に困ることは子供が起きているときに仕事をすることです。いろんな事に興味のある年齢なのですぐに触ろうとしたりグゼったりでなかなか作業が進まなくて夜中に徹夜ですることもよくあります。旦那が協力してくれるわけでもないので本当に一人でイライラしながらやってます。肩凝りも酷くなります。だけど、生活のためと思い頑張っています。頑張ってますが時々ですが袋の中に髪の毛が入ったりしたりしてやり直しがあったりすると本当に泣きたくなります。それに子供が体調悪くなると納期が遅くなり相手にも迷惑がかかります。そしてそんな月は稼ぎも悪くとても辛くなります。何度も自分に仕方ないと言い聞かせてますがやはり外で働くのとは違いすぎます。誰とも話さずに黙々と作業をしなくちゃいけません。息が詰まりそうにもなります。また、納期との戦いもあります。遅れないようにしなくてはいけません。普通に働くよりも神経を費やします。孤独との戦いでもあります。
辞めたくても今は、外で働ける環境が整ってないので内職で頑張るしかありません。

(河童・32才・福岡県)

クラウドソーシングで行う在宅ワーキング

私は現在61歳で会社員です。先日グラウドソーシングのデレビ番組をみて将来、退職したときの一つの仕事として在地ワークにならないかとはじめています。在宅ワークのこつとかはまだまだ話すレベルではないので書けませんが、年寄もなにかで社会に貢献することができればと思います。
クラウドソーシングで行う在宅ワーキングは私はタクス(作業)がすべてですが、今後は、デッサン、写真等できる作業が増えればいいなと思い参加しています。
もともと、パソコンは好きなほうでインターネットも使用しています。インターネットの中で代価のある作業ができればいいなと思います。作業については、内容のレベルを上げていくことは、必要なのかなと思っています。いまは、システムに慣れることが必要かなと考えて作業しています。
いま、このクラウドの仕事で思うことは、個人対個人であることから仕事の対価の標準があいまいなのかなと思います。タクスであれば、少額の金額であるのでおまり意識しませんが、ITの関係の金額は高額で適正な金額なのかなと思いますが、それは改善されていくのでしょう。
在宅ワーキングは、それだけで生計をたてていくには、難しいところがあると思いますが、(技術力のある人は別ですが)、ある意味私のような高齢者が社会とつながっていくツールとしては、一つの方法かなと考えます。いろろいな年代の人間が意見を言えばなにかが生まれるのではと考えるのはいいことなかと勝手に考えています。

(ぞうさん・61才・大阪府)

自営業でライターの仕事をする方法

元々わたしは東京都内で事務員のお仕事をしていました。

事務員のお仕事はそれなりに気に入ってましたし、このまま一生この業界でもいいのでは…と思っていたのですが、ある時急に、肺炎になって寝込むようになってしまいました。

肺炎で入院される人もいるのですが、わたしの場合はその当時、理由があって貯金がなかったので家にいるしかなく…わたしは仕事も辞めざるを得なくなってしまったので、仕方なく知人に紹介してもらったライターの仕事をはじめることとなったのです。

ライターの仕事は自営業のお仕事。

もらえるお金は「給与」ではなく「報酬」ですので、毎月の請求書やセルフマネージメントが大変です…。

また、このお仕事をはじめたことによって人生初の確定申告なども経験したのですが、レシート集めに仕分け作業、記帳作業などなど…それらの作業があまりにも大変だったので、わたしは思わず「自営業をずっと続けるのは無理だ!」と思ってしまいました。

しかし、私の体調はなかなか改善されず、寝込んだり起き出して書き物をしたり、納品したり校正したりといった毎日が続くようになり、今ではもうこの自営業も三年目です。

最初は正直、穴埋めとしてのお仕事として捉えていたので、こんなに続けることになってしまうとは、自分でもビックリしています。

今では結婚もしていて、家で家事もしつつその合間にライティングのお仕事をしているのですが、やはり家にずっと居られるというのはメリットのあることなので、「もしかしたら在宅ワークをはじめて正解だったのかもな」と最近では思っています。

(すみのふ・26才・千葉県)

海外で翻訳の在宅ワークをしています

海外へ旦那について移り住むことになったのをきっかけに在宅の仕事をするようになりました。住み始めたのが小さな町で語学力がそれ程ない私にはちょうどいい仕事がなかったのも理由です。在宅の仕事のメリットはなんといっても自宅にいたまま仕事ができる、そして時間の使い方を自分で決められるということだと思います。私自身今は育児中ですので会社勤めは厳しいのですが、子育てで忙しくても空いた時間をうまく利用して家で仕事ができると子供といる時間も減らさないで済みますし、そういった状況下で収入ができるのも非常に嬉しいです。

在宅で大変な点は、どうしてもパソコンに張り付くことが多いので目が疲れます。私の場合は翻訳の仕事なのですが、調べ物が多くインターネットを長時間使うことが多いので仕事中以外はパソコンを見るのが嫌になります。また長期つづけていくと会社などで生まれる人間関係が恋しくなることもありました。また、メールを中心としたコミュニケーションでコツコツと仕事をするスタイルなので時折寂しくなることもありますが、その分お友達といるときに思う存分楽しむなどしていました。在宅の仕事をしたいと考えている方は上記のような環境がご自身にあっているかどうかよくお考えになるのがいいと思います。

現在は翻訳者として働いていますが、今後経験をさらに積んでチェッカーなどの仕事もしてみたいです。
また収入がある程度に達すれば今後また別の国に行っても同様の仕事を継続が可能になりますので、自分の住んでみたい国をもう一度探してみるつもりです。

(dsanq・36才・海外)

ちぎり和紙の置物を作る内職

1年ほど前、内職の募集のチラシが投函されていました。以前から何かを作ることに興味があったので、これがきっかけになればと思い、講習を受け、内職の仕事を始めました。

内職は土産物屋に売っているようなちぎり和紙の置物です。1週間単位で20個作るのが私のやりやすいペースです。ほとんど同じ種類のものを作るのですが、たまに違う置物を作りことがあるので飽きることなく続けることが出来ます。自分の作った置物が店頭に並んでいるのを見つけると嬉しくなりやりがいを感じることが出来ます。

単価はさまざまです。今作っているものは1個30円で1時間ほど掛かります。仕事をやり始めたころは不慣れで時間配分が分からず夜中まで掛かってしまい、体の不調もまれにありました。1時間30円のものを何故こんなに苦労して作り上げなければならないのか、と悩んだこともありました。しかし、好きな時間に自分のペースで仕事が出来る内職は、主婦の私にとって一番合っているので、やめることは考えませんでした。

仕事に慣れてくると、時間配分もペースも一定になり、始めたころよりも苦労は少なくなったように思います。作っていない時間がもったいないと思うようになり、調子が良い時に作ってしまうこともありますが、そうなると内職に集中してしまい、その後何も手に付かない状態に陥ってしまいます。それを避けるために自分のペースを維持することが大事だということを教訓として頭に叩き込んでいます。

(qqgk6zs・54才・京都府)

初心者向けのポイントサイトから始め、現在はクラウドワークスで在宅ワーク

現在クラウドワークスで在宅ワークをしています。元々サービス業をしていましたが、子供が小学校に入学するのをきっかけにサービス業をやめました。何か自宅でできる仕事を探していた時、夫にパソコンを使って稼いでみては?と言われたのがきっかけでした。パソコンはインターネットを見るくらいしかしていなかったので、書店でネット副業の本を買い、最初は初心者向けのポイントサイトから始めました。それを続けているうちにクラウドワークスに行きつきました。初めて見ると以外に初心者の私でもできる仕事があり、パソコンに詳しい夫に教えてもらいながら徐々にできる事が増えていきました。在宅ワークを始めてみて良かった事は、好きな時間に仕事ができる事です。ノルマもないので稼ぎたければ長時間仕事をすれば良いですし、お小遣い程度で良いのであれば少しだけ仕事をすれば良いのです。後は何もない田舎でも仕事ができる事が魅力です。パートに出たとしても子供が長期の休みになるとパートに行けないので、職安で短期間のパートを探しましたが1つもありませんでした。都会であれば短期のパートもあるとは思いますが、田舎では短期のパートはありません。その点在宅ワークは長期間休んだとしてもすぐに再開できますし、休むといった報告も必要ありません。とにかく仕事をしたい日に、したい時間だけ仕事ができるのです。とても助かっています。今はまだできる事は少ないですが、少しずつ勉強して趣味である手芸用品を販売するブログを立ち上げたいと思っています。

(わかぞー・39才・青森県)

在宅ワーク、データ入力の仕事

私は昔、在宅ワークでデータ入力の仕事をしていたことがあります。理由は体を壊して外で働けなくなった為なのですが、家で何とか少しでもお金を稼ぎ家計の足しにしたいという思いからでした。しかし当時は今のように仕事を個人に橋渡しするようなWEBサイトはあまり存在せず、粗末な掲示板に書き込んで募集と応募をするという形だったと思います。当然のことながら悪徳業者が蔓延っていてなかなか望みのクライアントと出会うことは出来ませんし、たまに出会えても競争が激しくて採用されるのはまた至難の業です。

そんな厳しい状況の中でもなんとか仕事を受けようといくつかのクライアントにお世話になったことがあります。奴隷の様な厳しい条件のところもあれば、こちらの気が引けてしまう程の好条件だったところもあるなど、単価や待遇はまさにピンキリです。アレコレと何年か試してみて、最終的には2社と長期的な契約を結びましたが、不定期なお仕事でもだいたい月に5万円から10万円程は稼いでいたと思います。

仕事の内容は紙原稿や画像を見ながらデータをエクセル等に打ち込むのが主ですが、手書きの読みにくい文字を判別するのがとても大変です。また、入力はスピードと共に正確さも求められるので集中力や注意力も必要となります。データを打ち終わったら、プリントアウトして校正しなくてはならないのもこのお仕事の約束事です。このプリント代や原稿の郵送費なども考えて仕事を受けなくてはなりませんが、トータルで考えて良いお仕事に出会えたと思っています。

(ペロ・41才・埼玉県)

ラィティングの在宅ワーク

私が在宅ワークに興味を持った理由は、安定感が欲しかったからです。
パートとして家計の足しにするために働いていましたが、人件費削減のためにシフトが削られてしまったのでなにげなく携帯で検索して「在宅ワーク」という仕事を知ったのがきっかけでした。いろいろと種類があって迷ったのですが自分が好きな「ラィティング」で記事を書きながら働くことに決めました。

在宅ワークのいいとろこはなんといっても自分の好きなように働けるということです。口うるさく指示をする上司もいないので気持ち的にも楽でした。
また人見知りの私にとっては画面越しだけでやりとりができることも大きなポイントでした。
なによりも嬉しかったのは、自分の継続以来が来ることです。自分の書いた記事が認められたような気がしてとても満足感を得ることができました。
デメリットとしては、まとまった時間がとれないと納期までに間に合わせるのが大変ということと、複数の納期が重なると自分のキャパ的に辛くなってしまうということです。
そうしたことにならないように自分が請け負える仕事の限界をしっかり把握しておくことが大切だと感じました。

しかし、全体的に見れば在宅ワークはとても効率のいい仕事で楽しみながらできるので私的にはとても満足しています。
子育て中のママさんはもちろん、転職に悩んでいる方も自分らしい生き方として自由に働ける在宅ワークも候補の中にいれられてみてはいかがでしょうか。

(ゆん・25才・岐阜県)

クラウドワークス、執筆のネタ

私の在宅ワークについてご紹介します。私の収入の財源は「人があまり経験ができない自分自身の経験を執筆する。」という考えの元で在宅ワークとして作業を毎日挑戦するつもりで頑張っています。
具体的には、
1.自分の趣味(バイク、車、音楽、占い、物づくり)などをコツや特徴をとらえて描写する。
2.自分の職業(元教習所の指導員ということもあり、その勤務経験が20数年のキャリアの中で約8万人の教習生を担当した時の記憶に残る体験談、資格を取った時に学んだ運転術や安全運転術)
3.自分の既往歴(高血圧、糖尿病、腎臓病、くも膜下出血に伴う障がい者となった生活状況、重症筋無力症の闘病生活)
4.自分の借金問題(自分の汚点も在宅ワークの仕事ネタとして活用しています。
5.自分の旅行記やグルメ日記を題材にする。
この執筆のメリットは?
①.自分の人生の振り返りと整理ができるし、今後の思索となる。
②まさしく自分の経験は財産、これをビジネスにするのは、車に例えると「人生経験のハイブリッド化」と考えても良いような気がします。
③.苦しい低収入の生活がサイドビジネスのおかげで助かっています。
一方、デメリットは、
①.自分の経歴をあからさまにしてしまう。
②。自分の経歴がばれてしまう。(いい意味でも悪い意味でも)
③。自分お経歴がプロファイリングされてしまうかもしれない怖さがあります。(個人情報がからむかもしれませんね。)
まとめて言いますと自分のビジネスマインドは、何も財源の無い中で自分の出来る職材を探すことで何かを実現するには、資本も必要になるし、履歴書を提出すると「この人の経歴はわが社では採用できない」と言う結果になるととても副業というわけにも転職と言うわけにも行きません。そこで見つけた物は「クラウドワークスさん」の在宅ワークです。
これによりどれだけ私のビジネスマインドの協賛になったのか感謝の言葉の表現力がここでは語れないほど感謝しています。これからもこの在宅ワークにて進んで生きたいと思いました。

(domex20・53才・東京都)