夫の浮気、愛人による無言電話、アルコール依存症になった

夫の浮気がきっかけで、愛人による嫌がらせ無言電話が毎日続きました。浮気をやめて欲しいと頼むもやめてくれずに、ストレスを抱えながらも子育てをしなくてはならず、毎日自分を誤魔化すためにお酒に手を出しました。元々お酒が呑めなかった私は最初はコップ半分のアルコールが、最後には強いお酒ブランデーなどをストレートでコップ2杯開けてもなんともなくなるようになりました。結局内臓に負担がきて血を吐き、このままでは子育てが出来ないと思い、保健所に相談。心療内科を紹介され行くことになったのです。

最初はアルコール依存を治すことから治療を行っていたのですが、8ヶ月も続く夫の不倫生活にイライラしたり不安に陥ったり、悪夢を見てうなされる、電話が鳴ると恐怖でどうすることも出来なくなる、外出が怖くなる、夫がキッチンで喧嘩したことで家を飛び出しそのまま浮気をしたので、キッチンに立つだけでフラッシュバックを起こしパニック状態に陥ったりなどの症状が出て精神はボロボロでした。結局うつ病になり精神科で治療となったのです。ドクターからは、ストレスを失くすこと、お酒をやめること、頑張らないこと、無理をしないこと、しっかりと薬を飲むことを指導され、毎日薬漬けになりました。

通院してひたすら薬を飲んで症状を抑えるために強い薬を飲み眠っている状態が続き、家事が出来なくなり、子育ても支障をきたし、実家の両親に助けてもらう生活になりました。うつは悪化を辿る一方で夫という原因を除くことが出来なかった為に、簡単に治すことが出来ず10年もの歳月がかかりました。現在はしんどい時以外は薬を飲まずにいられるし、普通に家庭生活を送れるようになりました。私のようにならないためには、無理をしないこと原因はしっかり取り除く方が病気を早く治す方法だと思います。頑張らないそれにつきます。

(あむあむちゃん・53才・東京都)